わたし、オムライスになるためにうまれてきました

ミーはたまご

遠くから見ると、白くて丸い
かたいのかやわらかいのかはわからない

近づいてみると、やっぱり白くてまるっこい
でも殻があることがわかる

殻があるから、中がどうなってるかまだわからない
ゆで卵のように形があるのかな?
生卵のようにとろとろなのかな?

ふれてみようとして
人によって強過ぎると生たまごみたいにベチャッと割れてしまう。そうなるとその関係はおわり
大切にふれて温めたり優しく殻の中をみると、やっぱりゆで卵のような白くて丸くてつるつるしたミーがいる

そして真ん中
真ん中には黄色いキミがあるね

卵は、何にでもなれる
目玉焼き、オムライス、卵かけご飯、プリン、メインにも、なにかの料理の材料の一つにもなれる。何にでもなれる

なんになっても美味しいのに、みーの心にはコレと決まったものがある
心の奥の奥にもう決まった、なりたい料理がある

でもそれを誰にも言わない
これになりたいんだって声に出せば、美味しく料理してくれる人が現れるのに、心に秘めて口に出さない

心に決まったものがあるのに、他にもっといいのがあるかもって思ってる
腹の奥では決まってるのに、それに気づかず自分で認めない。認めないのに手放せない

例えば
わたし、おいしいオムライスになるために生まれてきましたー!って言うだけのことなのに、それができないでいる

オムライスになりたいって言うことは、自分や誰かを傷つけたり何かを壊したりすることじゃないのに
ミーだけが口に出すのをこわがっている

深夜ファミレスで、親友とお茶。
お互いに話をしていてふいに、友から見えるわたしはどんなかという話になって、返ってきた言葉。
話がわかりやすすぎて、天才か。(ちなみにミーとはわたしのあだな)

その通りすぎて、ひぃっと笑ったし心がキュとなった。どんな感情だ。
絵本を読んでいるように聞こえた。でも絵本じゃなくて自分のこと。

誰かに答えを教えて欲しくて、どこかにそれがあると信じて、必死に探して来た。でももうわかってる。
どこでもない。答えはわたしの中。
そうだ、その通り。でもわかんないんだよ。わかんないんじゃなくて、もうあるんだよ。
うれしいこと、すきなものもいやなこともできないことも。自分から出てくる全部通してそれなんだ。それだけに素直にいなさいよ。

これが絵本の物語ならハッピーエンドのたまごが見たいです。

カラを破って真ん中のきいろをさらけ出し、喜びであふれる美味しいたまごが見たいです☆

命のきいろ。光のきいろ。キミのきいろ。
なんにでもなれる、黄色のキミ。

こんな風にわたしをわたし以上に見てくれる人がいること。大切に中にふれてくれる人がいること。知ってくれる人がいること。とてもうれしい。ありがたい。大切な人の顔が次々浮かぶ。

人にカラをむかせてないで、中のキミ隠してないで、もう自分で割ってキミを見せろよ。キミを出せよ。と思う。

しあわせになりたいって叫んで、素直にしあわせになれよ。抱えこまないで、溢れさせてよ。
世界で一つのわたしであれよ。

おもしろく、わらって、誰でもないわたしの世界をあそぶんだ。
今、すごくしあわせ。だれの評価も入れたくない。





カラム1(左)

カラム2(右)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください